お知らせ

活動レポート


これまでのプロジェクト

Bihar

インド北ビハール州地域開発

インドのマデープラ郡は、人口約199万人、平均年収が16000円、99%の住民が読み書きが出来ない、最も開発の遅れた地域です。人々は差別、児童労働、移民、搾取、低教育、貧困、農業技術など様々な問題を抱えており、その解決に向けて2012年にICAジャパンは開発事業を開始しました。支援は日本外務省NGO連携無償資金協力です。

 

Tohoku

福島県南相馬市の復興支援

ICAは2011年3月11日の東北大震災直後から宮城県と福島県において、物資配布を実施してきました。現在は南相馬市で先行きの見えない環境の中、青年農家の方達と農業復興を話し合い希望を取り戻す活動を、また仮設住宅の人々と花植え活動実施し、明るい生活環境を作っています。花植え活動は日本郵政年賀寄付金助成、及び農業復興はFish財団による支援です。

Kenya

ケニアで水の配水システム完成

ケニア・ロヤンガラニ村はナイロビから700km離れ、10部族、約3万人の少数民族が住んでいる地域です。人々は20年間も水を待ちつづけ、2012年に初めてジャパン・プラットフォームの支援により、待望の配水場が完成しました。長い道のりを水汲みしていた女性の喜びはひとしおです。今、子供達は学校給食の支援を心から待ち望んでいます。どなたでも ケニアのロヤンガラ二の子供達に学校給食を支援できる方はICAにご連絡をお願いします。

Vietnam

ベトナム湖沼の浄化

ベトナム・ハノイにあるタンコン湖は人造湖で生活排水が未処理の湖に流入し、夏は悪臭やアオコが発生、湖に魚の死骸も浮きます。湖をきれいにするために植栽いかだとEM菌を使った浄化を試みた結果、ハノイ市は他の湖にも技術移転をしました。野菜いかだの会及び江田水処理技術研究所との合同プロジェクトで、支援はトヨタ自動車株式会社です。

 

農村住民のエンパワメントと女性の地位向上

インド、マハラシュトラ州、ムルシュ地区の4ヶ村で農村住民のエンパワーメントと女性の地位向上プログラムを2008年に始めました。農業、酪農、植林、灌漑等を行い、2013年現在その地域の女性に変化を見せています。女性が技術力を持つ事で経済力を増し、社会参加が可能になりました。

この事業は、国際協力機構(JICA)の支援によるものです。

 

ICAの活動は多くの方々の資金、知恵、労力の提供によって支えられています。

Activities of ICA are supported by the provision of funds many wise people, knowledgable of our efforts.

定期サポーターにはニュースレター、年次報告書をお送りします。個人寄付、法人寄付の方には最新のニュースレターをお送りします。

We provide newsletters and our September annual report to our regular supporters. 

ニューズレター

Newsletter