スタッフブログ

 


103 マニラから南へバスで5時間ほどに、フィリピンで7番目に大きな島であるミンドロ島があります。ここには 先住民族であるマンニャン族が 独自の文化を継承しながら、現在もなお都市部とはかけ離れた生活を行っています。マンニャン族の成人男性の多くは未だにふんどしを着用し、また男女とも手編みのかごバックと農業用の鉈を常備したスタイルで生活しています。彼らの生活は質素で、現金もあまり持たず、物々交換の習慣が根強く残っています。そのような彼らの生活は、フィリピンの中でも貧困層に入ります。そして、彼らの多くも2013年11月にフィリピンを襲ったハイエン台風によって大きな被害を受けました。そのため、ICAは2013年12月から2014年1月にかけて、ミンドロの住民へ、ジャパンプラットフォームの協力のもと緊急支援を行いました。そして、今日2月28日から1か月ほど第2フェーズを行うことになりました。今回は、マンニャン族の皆さんに農業支援を通じて、持続可能な食糧支援を行います。少しでも彼らが被災前の生活に戻れるように、皆さんも応援してください。


102 明日2/28からフィリピンのミンドロ島にて、昨年11月にあった台風ハイエン被災者支援(第2回目)が始まります。

第1回目は昨年12/28〜1/31の間行いました。


 「ベトナム・ハノイ観光地のメッカであるホアンキエム湖に浮かぶ植栽いかだ」

植栽いかだは富栄養化が進んだ湖の水中にある肥料分を栄養として育ち、それに伴い、湖水を浄化します。トヨタ環境活動助成プログラムの波及効果として、現地の環境団体によって作られた植栽いかだが、ハノイの観光地で有名なホアンキエム湖に浮かんでいます。

ICAJ Facebook ICAJ Twitter ICAJ Mixi