トレーニング


ICAトレーニングの特徴

 

ファシリテーションとは?

ファシリテーションとは、「容易にすること」と訳されます。ファシリテーターとはつまり、物事が進んでいく事を容易にする人、促進する人という意味です。人々が責任をもって仕事が出来るように助けていきます。会議におけるファシリテーターは、参加者を制御することなく、意見を自由に出してもらいながら、段階的に結論に到着できるようにします。オーケストラの指揮者、スポーツにおけるレフリーに似ています。

 

参考リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/ファシリテーション

 

 

地方自治体において

1980年以後、日本各地の企業や地方自治体、学校などで、人材育成を目的とした参加型戦略計画セミナーを行っています。このセミナーでは、ICAが開発した「参加型」ワークショップ形式により、組織および個人が達成したいと思うビジョンを構築し、ビジョン達成に関わる根本問題を探り、計画実行のための方向性見い出します。参加型戦略計画セミナーは様々な問題解決、戦略的計画、組織のアイデンティティーの構築に役立っています。

 

リ-ダ-シップ研修において

21世紀の国際協力や、様々な問題を解決する上で大切な会議の方法、時間管理、コミュニケーション法、自己変革に必要なメンタル面の強化(自己の認識と理解)を行っています。今までにYWCA、青年会議所、国際ロータリーなどにおいて指導者育成を致しました。

 

住民による政策決定会議において

ICAジャパンは、生きがいのあるコミュニティーを築くために、「参加型手法」を地域住民の意思決定やコンセンサス作りに役立てています。住民会議は、住民自身がその地域に適したまちづくり計画を推進するための企画です。ICAは地域住民、企業、行政が一体となって長期総合計画を作るお手伝いをしています。最近では福島県、埼玉県、愛知県など、また東京都内では江東区、墨田区など、様々な地域で実施致しました。

 

現在開講している講座 :

 

Meetings That Work                ファシリテーター養成

 

コミュニティ開発会議