チリ


地震被害に遭ったコンセプシオン市内の高層住宅
地震被害に遭ったコンセプシオン市内の高層住宅

チリ地震被災者支援

震源地は中部の州都コンセプシオンの北北東約115キロの沖合で2010年2月27日発生、マグニチュード8.8、死者708人以上、被災者200万人、津波は10mに及んだ。チリ地震は津波の起きやすい逆断層型で被害者のうち8割は、津波で死亡した云われている。 ICAはジャパンプラットフォーム、生活協同組合パルシステム、浄土真宗本願寺助け合い運動募金、日本企業など様々な方々のご支援で物資を配布させて頂きました。

Download
チリ地震被災者支援
2010年7月〜9月 2010年10月〜2011年1月 ジャパン・プラットフォーム事業 生活協同組合パルシステム東京
2010年10月〜2011年3月 浄土真宗本願寺派たすけあい運動募金支援
Chile 2010.pdf
Adobe Acrobat Document 8.0 MB