ネパーリ                                                           

  Go to NEPAL ACTIVITIES in English

建設された障害者支援センター。中庭は作業場となっており、右側が居住場所、左側は雨季の作業所。
建設された障害者支援センター。中庭は作業場となっており、右側が居住場所、左側は雨季の作業所。

ネパール地震復興支援活動

身体障害者団体へのサポート

2015年6月〜2016年2月


支援団体:日本テーラワーダ仏教協会

 

2015年4月25日に首都カトマンズの北西約77kmを震源としてマグニチュード7.8の地震が発生、続いて4月26日にはマグニチュード6.8、5月12日にはマグニチュード7.3の余震が続発しました。この地震で死者9,000人以上、負傷者25,952人となっています。家屋も約471,000戸が全壊しました。約5,000校の学校が崩壊し、世界遺産である寺院、道路にも多大な被害が及びました。(7月9日、ネパールの英字新聞)

 

この地震により、20名の障害者が暮らす障害者支援センターが大きな被害を受けました。地震当時は屋根もなく、防水シートやマットレスもない状況で、一刻も早く滞在できる家屋が必要でした。そこでオーストラリアの ICAと日本テーラワーダ仏教協会様のご支援で、台所、作業部屋(男女別)、風呂・トイレを備えたセンターの建設をしました。

 

上手に椅子を作っている障害者
上手に椅子を作っている障害者
一生懸命に編み物をする障害者
一生懸命に編み物をする障害者
ビーズを使って手芸をする障害者
ビーズを使って手芸をする障害者
障害者たちと握手を交わす佐藤理事長
障害者たちと握手を交わす佐藤理事長


Download
ラーニングセンター (ネパール・バクタプール郡・チャングナラヤン村)
ネパールのラーニングセンターは、カトマンズから12kmのバクタプール郡チャングナラヤン村に建設されました。佐藤静代とエルスワーズがオープニングセレモニーに出席し、多くの村人がセンターの完成を心からお祝いしました。
01 Nepal Learning Center.pdf
Adobe Acrobat Document 1.1 MB


Download
チャングナラヤン村における女性の技術向上と幼児教育の開発
ネパールのチャングナラヤン村の安全な飲料水の確保、女性の自立とエンパワーメントのための技術指導と幼児教育の開発を行いました。
Capacity Building of Women for Empowerme
Adobe Acrobat Document 13.8 MB


Download
農村地区のカースト低い人々の為の自立向上プログラム
農村女性が自活できる環境を作るために農業技術を身につける事業を行いました。
Nepal Sustainable Agriculture.pdf
Adobe Acrobat Document 1.4 MB