イベント

    

イベント
2017.12.9 (土) エコプロ2017

最近のニュース

ICAカナダのBill Staples氏が東京に来ます!

最先端のファシリテーション講座 〜世界で活躍するICAカナダのBill Staples氏からファシリテーション手法を学びませんか?〜

 

経験、年齢、職業を問わない、どなたでもご参加いただけます!

 

 

 ①「Meetings that work~成果を生むミーティングとは〜」

  日時:平成29年11月18日(土)19日(日) 9:30-18:00

  2日間コース(定員約20名)

  研修の概要                     ・グループの生産性の向上、ミーティングの目的や意図の設計                 

                   ・効果的なアジェンダ作り、グループの意思決定プロセスの促進

                                             ・グループの困難な状況への対応

                                             ・グループのニーズに合わせた手法の提供

                                             ・メンバー間での効果的なチームワークの育成 等

 

 ②「Facilitating Client Collaboration

           ~クライアントとのコラボレーション法~」 

  日時:平成29年11月20日(月)21日(火) 9:30-18:00

  2日間コース(定員約20名)

  研修の概要            ・クライアントとの共同関係を作る

                                        ・パートナーシップ開発

                      ・組織の環境とクライアントのニーズを評価

                  ・クライアントのニーズと課題、解決策を決定 等

 

  各参加費:41,800円(一般)、31,800円(会員)、9,800円(学生)

   *テキスト代含む 言語:英語(日本語での通訳あり)   

   *研修後にはファシリテーションの修了証の授与があります。 

 

講師:Bill Staples(ビル・ステープルス)/ファシリテーター

トロント大学卒。ICA Associates, Inc(トロント、カナダ)の代表。「グループ・ファシリテーション・メソッド」や「Meetings that work」に始まり、「地域開発の講座」などのカリキュラムを世界各国で提供。国際ファシリテーターズ協会(IAF)の認定資格を持つ。 

 

お問い合わせ

認定特定非営利活動法人ICA文化事業協会

email(staff@icajapan.org), tel(03-3484-5092), お問い合わせフォームよりお申込みください。

 

 

 

 2017年9月20日


2017年のニュースレタについて

ICA Japanの2017年版ニュースレターが発行されました。今年は、黒川副理事長からのメッセージがあります。日本、コートジボワール、ケニア、ネパールとインドでのプロジェクトの報告も含まれています。また、Global FestaやBill Staplesの訪問など今後開催される予定のイベントについて、より多くの情報を提供しています。*Bill Staplesによるファシリテーションコースを11月に2種類開催します。

 

 

下のリンクをクリックするか、ウェブサイトの出版物のセクションに移動して、ニュースレターを読むことができます。

 2017年9月8日



ケニアのプロジェクト

 地域開発専門家の佐藤が地球環境基金(ERCA)のプロジェクト「ケニア北部ロヤンガラニ地区における半砂漠地域での植林活動」のため、9月22日からケニアへ渡航し、研修を実施します!

 

 2017年9月4日


石澤直士氏の講義

ついに今週となりました!

特別講演会

 

「コートジボワールの養鶏について」を 9/9(土)に開催!

 

NPO法人ICA文化事業協会は、これまでに世界各国で積極的な住民参加を通したコミュニティの開発を行ってきた団体です。

2017年のICA文化事業協会のイベントとして、現在行っているコートジボワールの農村開発事業(外務省NGO連携無償資金協力)の養鶏専門家であり、養鶏の第一人者として世界で活躍する石澤直士氏が講演します。

 

皆様のご参加をお待ちしています!

 

石澤直士氏略歴:

H17〜H25年日本養鶏協会理事

H17年〜現在(株)ゼンケイ代表取締役

H21〜23年常盤村養鶏農業共同組合代表理事組合長

H23〜24年常盤村養鶏農業組合会長

H25年〜現在青森県養鶏協会理事

日時:2017年9月9日(土) 14:00−16:00

場所:JICA東京セミナールーム201 

東京都渋谷区西原2-49-5

最寄駅:小田急線・千代田線 代々木上原駅徒歩12分 

 

京王新線 幡ヶ谷駅徒歩8分

参加費無料!!!

 

参加方法:9月8日までに団体の電話、メール、ファックス等でお申込みください。

 

 

2017年9月3日



グローバルフェスタ2017に出店します!

今年も ICA JapanがGlobal Festaに出店できることが出来て、スタッフ・インターン一同楽しみにしています。

Global Festaは毎年開催される国内最大級の国際協力に関するイベントです。

このイベントは誰でもが参加でき、日本のNPOやNGOの活動等を知る大きな機会となります。

 

ICAの活動についても詳しく知っていただくとても良い機会です。この機会をお見逃しなく!

 

日時:9月30日(土)、10月1日 (日)

両日 10時から17時まで

 

ブース番号はW123です。

 

ぜひお立ち寄りください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩1分
  • ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「青海」駅から徒歩3分
  • ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「お台場海浜公園駅から徒歩7分

2017年9月1日


新しいファシリテーション講座の開催スケジュール

ICA独自の手法を使ったファシリテーション講座を以下のスケジュールで開催予定します。

 

 ICAファシリテーションの基本講座

 

「Group Facilitation Methods グループファシリテーションの手法」(日本語)

 初めての方、ファシリテーションに興味がある方、ファシリテーション技術をブラッシュアップしたい方など、どなたでもご参加いただけます!(3回連続講座)

 

 開催日時:合意形成ワークショップ  10月7日(土)9:30−18:00 

     行動計画ワークショップ 12月2日(土)9:30−18:00

                 (焦点会話手法 9月2日(土)9:30−18:00)

受講料:22,000円(10,000円×2回、資料代2,000円)*1回のみの参加も可能です。

定員:4~10名

参加方法:email(staff@icajapan.org), tel(03-3484-5092), お問い合わせフォームよりお申し込みください。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後のスケジュール:

・「Community Revitalization コミュニティ開発・ワークショップ」(日本語)

 10月

 

   今後も講座開催の予定です。ご要望に併せてファシリテーション講座を開催することも可能ですので、ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問合わせください。また英語でのファシリテーションも可能です。

 

 2017年8月30日


シナジー掲載について

 JANICが発行されている情報誌「シナジー」の最新号VOL.164 にICA文化事業協会に関する記事が掲載されました!

当団体が日本電機株式会社とGRAとの連携で行っている「インドICHIGOプロジェクト」について取り上げてもらっています 。

関心のある方、ぜひお手に取ってみてP.22 の「企業&NGO」の特集をご覧ください!

 

http://www.janic.org/janicbooks/synergy/164ngo.php

 


ロンドン環境活動プレゼンテーション by 佐藤静代

8月18日から24日に開催されたロンドンで開催された世界環境保護活動会議に佐藤静代理事長が出席し、ICAジャパンの環境活動と将来に何が必要であるかという洞察についてプレゼンテーションを行いました。この会議には200名以上の人々が出席しました。

プレゼンテーションのスライドのダウンロード



《インド:JICAプロジェクト終了後の村の女性たちの近況》

  • Mulshi Taluka政府は週に2日間、女性グループが作った製品を販売するために屋台を提供しています。
  • 女性たちは村のお祭りで彼らが作った製品を販売しています。
  • 近隣の村のsarpanch (リーダー)は、女性たちが作った製品を注文するようになりました。
  • 政府が発行している食品販売許可書を取得しました。
  • 美容院を開業することを計画しています。
  • 現在、7人の女性たちで経営するレストランは、開業後十分な利益を上げています。
  • 女性協同組合はメンバーから毎月100ルピーを集め、約36,000 ルピーが集まりました。それらは、個人やグループのビジネス開始のための融資にあてられます。
  • 村の女性たちは、ジャガイモ、キャベツ、豆、ニンニク、タマネギ等の野菜栽培にも非常に興味を持ち始めています。
  • カタルカダックでは自費で家畜の水飲み場と女性たちが洗濯をするためのタンクの建設を計画しています。
  • カンボリでは自分たちで資金を出し合い、 灌漑を修復しました。
  • 女性たちはタレガオンの他村を訪問し、その村の女性たちとも連携し、製品を販売したいと考えています。

アカウンタビリティ・セルフチェック2012

このたび、ICAジャパンは「アカウンタビリティ・セルフチェック2012」の実施を完了し、JANICよりASC2012マーク発行が承認されました。

 

左は JANICの  「アカウンタビリティ・セルフチェック2012」マークです。

JANICのアカウンタビリティ基準の4分野(組織運営、事業実施、会計、情報公開)について当団体が適切に自己審査したことを示しています。  

  


                                                                             ニュース                                                            2016