遺贈のご寄付について

 

遺言による途上国への支援、国際協力にご興味はありませんか?

 

当団体では、遺贈や相続財産のご寄付を受け付けております。

東京都の認定NPO法人格を取得している「認定特定非営利活動法人ICA文化事業協会」をご指定いただければ、ご寄付は税制優遇の対象となります。

 

「遺贈」とは遺言書を作成し、ご自身の財産の一部またはすべてを特定の個人や団体に無償で寄付することを指します。いただいたご寄付は、相続税が課税されません。

 

「相続財産」とは、ご遺族から相続された財産を相続税の申告期限内(10ヶ月以内)に頂いた場合、相続税が課税されません。

 

遺贈の流れ:

①家族と相談

②遺言書の作成

③専門家に相談

④遺言執行者を決定(遺産の分配を行う人)

⑤遺言書の作成、保管、管理をする

   寄付先を「「認定特定非営利活動法人ICA文化事業協会」とご記載ください。

 

ご寄付は通常ICAの活動全般に使わせていただきますが、ご指定のプロジェクトや国に限定してご支援いただくことも可能です。