日本

日本

 


プロジェクト一覧


福島原発事故被災者への心の癒しのための緑化活動

支援団体 日本テーラワーダ仏教協会、日本郵便
事業期間 2014年〜2019年
実施場所 福島県南相馬市、浪江町

2011年3月11日に東北地方で発生した津波を伴う大地震時に、福島第一原発で事故が発生しました。

事故により福島県では約16万人もの県民が避難生活を強いられました。長引く避難生活や先の見えない生活、環境の大きな変化等で、福島では2250名以上の方々が震災関連死でお亡くなりになりました。

この数字は、岩手県の467名、宮城県の928名の倍以上になり、福島原発による被災が、自然災害による被災よりも被災者に与える影響が大きいことが伺えます。

>>Read more

東日本大震災支援事業

支援団体 アメリケア、エコー・ジャパン、花王、カシオ計算機器、かどや製油、グループセブジャパン、金野タオル、クラレ、国際協力NGOセンター、国際世界食料計画、JXホールディングス、資生堂、シャープ、ジャパンプラットフォーム、昭和理化学器機、ソフトバンク、全日空、高橋書店、ダイキン工業、東京ユニオン教会、東芝、日本災害復興ボストン基金、日本郵便、パナソニック、パルシステム、ブリタジャパン、三菱マテリアル、モルディブ大使館、ルーテル教会、ロート製薬
事業期間 2011年〜2013年
実施場所 宮城県名取市、塩釜市、岩沼市、仙台市、山元町、亘理町、福島県福島市、新地町、相馬市、南相馬市

2011年3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生し、津波、火災などにより広範囲で甚大な被害がでました。

ICAは震災直後の3月17日から被災地に入り、宮城県と福島県の被災地で緊急物資の配布を行いました。

>>Read more