ネパール・チャングナラヤン村における女性の技術向上と育児教育の開発

支援団体 富士ゼロックス、外務省
事業期間 2004年
実施場所 ネパール共和国チャングナラヤン村

ネパール山岳部の女性の教育水準は低いです。

女性の地位も極めて低く、水汲みや家事等の家庭内労働に加え、農業に日々費やすため男性よりも置かれている環境は深刻です。

このようなジェンダー問題を解決し、女性の自立とエンパワーメントのために技術教育やマイクロクレジットの指導を行い、収入向上と女性の地位向上を図りました。

村の女性の多くは、女性には教育はいらないという考えが根付いている地域のため、非識字者が多いです。しかし、読み書きと簡単な計算は女性の自立には必要です。

そのため、女性には識字教育、子供達には幼児教育を実施し、社会開発の充実を計りました。

また、地域には飲料水のための水場がなく、日々女性や子供たちは山間部での水汲みを強いられており、身体的な疲労に悩まされていました。

そのため、飲料水施設を建設し、水道パイプを配置することで、水汲み労働の改善を計りました。

本事業地は事業終了後、女性たちが中心となって、地域のセンターで収入向上のための活動を継続していましたが、2015年のネパール大地震によりセンターが大きく破損したため、2016年には再度外務省の支援をうけ、センターの修繕と女性グループへの職業訓練(生理用ナプキン製造)を実施しました。

 

女性の地位向上と育児教育開発
ダウンロード
ネパール王国報告書
チャングナラヤン村における女性の技術向上と幼児教育の開発
Capacity Building of Women for Empowerme
PDFファイル 13.8 MB