ベトナム・ハノイ市における湖沼水環境改善および住民の環境意識向上プロジェクト

支援団体 トヨタ環境活動助成プログラム
事業期間 2012年2月〜2013年1月
実施場所 ベトナム・ハノイ市

ベトナムの首都ハノイ市では住宅排水の大半は未浄化のまま直接川や湖に流されている一方、住民は日常的にゴミを川や湖へ投棄するため、水環境が非常に悪化していました。

そのため、2008年度トヨタ環境活動助成プログラムで市民の憩いの場となっているタンコン湖の調査を実施しました。その結果と現地の要請から、タンコン湖に植栽いかだを10基浮かべ、水耕栽培による浄化を図りました。

活動を実施した結果、筏を設置した周辺での湖水は浄化されただけではなく、人造湖であるタンコン湖には自然の造形物がなかったため、魚等の水生生物が卵の植え付けや隠れ家にするようになり、生態系の改善が図られました。

加えて、タンコン湖の湖畔の小中学校の生徒に対しては体験学習、地域住民には地域開発研修を実施した結果、住民の環境意識の向上が図られました。