被災者支援

世界では毎年地震、洪水、干ばつ、台風等の様々な災害が発生しています。

災害は一時的なものですが、被災者が元の生活に戻り、心の傷が癒えるには長い年月がかかります。

ICAジャパンは緊急時の物資支援のみならず、被災者が復興に向けて歩み出せるように、心の支えとなるような多様な支援を展開しています。

プロジェクト一覧


ネパール・シンドゥパルチョーク郡サンガチョック村トレーニングセンター建設と被災者の生計向上支援事業

生計向上支援事業
支援団体 外務省、皆さまからのご寄付
事業期間 2018年3月〜2019年5月
実施場所 ネパール共和国シンドゥルパルチョーク郡サンガチョック村

ネパールでは2015年4月25日にマグニチュード(以下M)7.8、4月26日にM6.8、5月12日にM7.3の地震に見舞われました。

この一連の地震で約9,000人が死亡、23,000人以上が負傷、90万戸以上の住宅が破壊され、農村部の食糧不足、保健衛生環境、道路を含むインフラ等に大きな被害が及びました。

事業地のあるシンドゥルパルチョーク郡でも被害が甚大で、3550人が死亡、2100人が負傷し、家屋の95%は全壊しました。

>>Read more


ネパール・震災弱者の回復と地域復興のためのチャングナラヤン村ラーニングセンター改修

震災弱者の回復と地域復興
支援団体 外務省、日本和紙協会、皆さまからのご寄付
事業期間 2018年3月〜2019年5月
実施場所 ネパール共和国バクタプール郡チャングナラヤン村

ネパールでは2015年4月25日にマグニチュード(以下M)7.8、4月26日にM6.8、5月12日にM7.3の地震に見舞われました。

この一連の地震で約9,000人が死亡、23,000人以上が負傷、90万戸以上の住宅が破壊され、農村部の食糧不足、保健衛生環境、道路を含むインフラ等に大きな被害が及びました。

事業地のあるバクタプール郡では、15人が死亡、77人が負傷し、4170戸の家屋が全壊しました。

>>Read more


ネパール・大地震で被災した障がい者への支援

被災した障がい者への支援
支援団体 日本テーラワーダ仏教協会、皆さまからのご寄付
事業期間 2015年6月〜2016年2月
実施場所 ネパール共和国

ネパールでは2015年4月25日にマグニチュード(以下M)7.8、4月26日にM6.8、5月12日にM7.3の地震に見舞われました。

この一連の地震で約9,000人が死亡、23,000人以上が負傷、90万戸以上の住宅が破壊され、農村部の食糧不足、保健衛生環境、道路を含むインフラ等に大きな被害が及びました。

また、障がい者のための施設や団体も大きな被害を受けました。

>>Read more


福島原発事故被災者への心の癒しのための緑化活動

心の癒しのための緑化活動
支援団体 日本テーラワーダ仏教協会、日本郵便、皆さまからのご寄付
事業期間 2014年〜2019年
実施場所 福島県南相馬市、浪江町

2011年3月11日に東北地方で発生した津波を伴う大地震時に、福島第一原発で事故が発生しました。

事故により福島県では約16万人もの県民が避難生活を強いられました。長引く避難生活や先の見えない生活、環境の大きな変化等で、福島では2250名以上の方々が震災関連死でお亡くなりになりました。

この数字は、岩手県の467名、宮城県の928名の倍以上になり、福島原発による被災が、自然災害による被災よりも被災者に与える影響が大きいことが伺えます。

>>Read more


フィリピン台風による被災者支援

被災者支援活動
支援団体 ジャパンプラットフォーム、皆さまからのご寄付
事業期間 2013年12月〜2014年3月
実施場所 フィリピン・ミンドロ島

2013年11月8日に台風30号「ハイエン」が、フィリピンの広域にわたり大きな被害を及ぼしました。

先住民族のマンギャン族が多く住むマニラから南東150kmのミンドロ島でも、風速315kmを越す強風に襲われ、多くの農地や山々が壊滅的な状態に見舞われました。マンギャン族は主に山間部の孤立した地域に住んでいるため、支援が行き届かず、深刻な食糧不足に陥っていました。

>>Read more


インド北部水害被災者支援

水害被災者支援活動
支援団体 ジャパンプラットフォーム、皆さまからのご寄付
事業期間 2013年8月-2013年9月
実施場所 インド共和国北部ウッタラカンド州テリ県22ヶ村

インドのウッタラカンド州 テリ県では2013年6月16日から降り続いた豪雨で壊滅的な被害を受けました。

豪雨による土砂崩れや河川の氾濫による洪水の影響で、住宅の多くは全壊または半壊しました。

そのため、豪雨被害で食料や家庭用品等が必要としている850世帯に、食料や調理器具と壊れた家屋を修復するための修繕資機材(トタン屋根や防水シート)を配布しました。

>>Read more


東アフリカ大干ばつ支援

大干ばつ支援
支援団体 ジャパンプラットフォーム、皆さまからのご寄付
事業期間 2012年5月〜2013年9月
実施場所 ケニア共和国マンデラ県、ガリッサ県、カジアド県、ロヤンガラニ県、サウスホール県

ケニアでは2007年ごろから雨が降らなくなり、2009年〜2011年にかけて大干ばつに見舞われました。

長期間の干ばつにより多くの家畜が死亡、農作物の収穫減、水量の減少等の被害に襲われた結果、多くの少数民族が食料・水不足に困窮し、飢餓が蔓延しました。

そのため、2012年にはマンデラ県、ガリッサ県、カジアド県で食料と水等の緊急支援物資の配布を行いました。

>>Read more


タイ水害被災者支援

水害被災者支援
支援団体 ジャパンプラットフォーム、皆さまからのご寄付
事業期間 2011年11月-2011年12月
実施場所 タイ国アユタヤ地区、パトウムタニ地区

タイでは記録的な大雨のため広範囲の地域で洪水被害が起きました。これにより、多くの住民は洪水避難民となり、各地で避難生活を強いられていました。

>>Read more


東日本大震災支援事業

東日本大震災支援事業
支援団体 アメリケア、エコー・ジャパン、花王、カシオ計算機器、かどや製油、グループセブジャパン、金野タオル、クラレ、国際協力NGOセンター、国際世界食料計画、JXホールディングス、資生堂、シャープ、ジャパンプラットフォーム、昭和理化学器機、ソフトバンク、全日空、高橋書店、ダイキン工業、東京ユニオン教会、東芝、日本災害復興ボストン基金、日本郵便、パナソニック、パルシステム、ブリタジャパン、三菱マテリアル、モルディブ大使館、ルーテル教会、ロート製薬、皆さまからのご寄付
事業期間 2011年〜2013年
実施場所 宮城県名取市、塩釜市、岩沼市、仙台市、山元町、亘理町、福島県福島市、新地町、相馬市、南相馬市

2011年3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が発生し、津波、火災などにより広範囲で甚大な被害がでました。

ICAは震災直後の3月17日から被災地に入り、宮城県と福島県の被災地で緊急物資の配布を行いました。

>>Read more


ハイチ地震被災者支援

地震被災者支援
支援団体 ジャパンプラットフォーム、兵庫県、皆さまからのご寄付
事業期間 2010年2月〜2011年12月
実施場所 ハイチ共和国ポートプランス州プチゴアーブ地域

ハイチでは、2010年1月12日にマグネチュード7.0の地震が発生し、死者20万人、負傷者30万人、行方不明者870万人の被害がでました。

地震により、政府の建物をはじめ、家屋やインフラなどのライフラインも壊滅的な被害を受けたため、世界各国から支援部隊が派遣され支援活動が行われました。

>>Read more