ネパール・シンドゥパルチョーク郡サンガチョック村トレーニングセンター建設と被災者の生計向上支援事業

支援団体 外務省
事業期間 2018年3月〜2019年5月
実施場所 ネパール共和国シンドゥルパルチョーク郡サンガチョック村

 

ネパールでは2015年4月25日にマグニチュード(以下M)7.8、4月26日にM6.8、5月12日にM7.3の地震に見舞われました。

この一連の地震で約9,000人が死亡、23,000人以上が負傷、90万戸以上の住宅が破壊され、農村部の食糧不足、保健衛生環境、道路を含むインフラ等に大きな被害が及びました。

事業地のあるシンドゥルパルチョーク郡でも被害が甚大で、3550人が死亡、2100人が負傷し、家屋の95%は全壊しました。

しかし、同地域は山間部に位置し、交通インフラが十分に整備されていないため、復興が思うようには進んでおらず貧困状況が深刻化していました。

貧困状況の改善と地域の復興に向けて、ICAは事業地にトレーニングセンターを建設し、センターで生計技術向上のための農業と裁縫研修を実施しました。

また、住民とともに復興に向けての話し合いも持ちました。

この結果、地域のリーダーを中心に復興と現在の深刻化した貧困状況の打破に向けて住民のモチベーションは向上し、生活改善の兆しが見られるようになりました。

被災者の生計向上支援1
被災者の生計向上支援2